· 

寄棟屋根の棟修理

今日の現場は勿来。寄棟屋根の棟修理です。


こちらのお宅は、震災時に棟の瓦がほとんど壊れて落下していました。


ただ「なんばん」(棟土)が残っていたおかげで雨漏りはしていませんでした。


「なんばん」も雨ざらしになっていては、徐々に風化してしまいます。今回は既存の「なんばん」を撤去し、新しい「なんばん」で再施工です。


①既存なんばん、棟瓦撤去

②下地調整、補強

③一段目(台面)

④二段目

⑤丸瓦


隅棟4本中、2本施工完了。明日残り2本の施工です。

解体、撤去
解体、撤去
なんばん(棟土)
なんばん(棟土)
一段目(台面)
一段目(台面)
二段目
二段目
丸瓦
丸瓦
一段目は基準の糸を張ります
一段目は基準の糸を張ります
基準の糸と棟瓦(熨斗)の間は1㎜以下です
基準の糸と棟瓦(熨斗)の間は1㎜以下です
棟瓦(熨斗)はすべてシリコンでコーキングします
棟瓦(熨斗)はすべてシリコンでコーキングします